ゆとりあとは?

学校に行きたくても行けない
集団になじめない
子どもたちへの支援教室です

適応支援の目的


体験活動をとおして学校適応や社会性の発達を促進します。

支援の対象

小学生、中学生が対象です。

  • 心理的・発達的要因で学校や集団適応に困難がある子ども
  • 福岡大学臨床心理センター相談室の面接相談を受け、本教室での支援が適切と判断される子ども

活動内容

活動を通して臨床心理学的な支援を行います。

活動の例 目的
創作・制作活動, スポーツ, 科学実験, 調理, レクリエーション, 園芸, 外出, SSTなど 生活の活性化, 自信の回復, 社会性の発達促進, 人間関係の育成, 情緒の安定

活動は年度によって異なります。

スタッフ

教室長、主事(専任指導員)、心理相談員(臨床心理士)、指導員

通級

中学生

  • 通級日
    月・火・木・金(週4日)
  • 個別活動
    10:00-12:00(必要に応じて設定します)
  • 集団活動
    13:00-15:40

小学生

  • 通級日
    水(週1日)
  • 集団活動
    13:00-15:00

  • ・通級は保護者の責任において一人で、または保護者同伴で行ってください。小学生は保護者同伴が原則です。
  • ・支援期間の単位は原則として1年(5月~2月)とします(更新できます)。夏休みは、通級生の状態に合わせて、夏季ゆとりあを実施いたします。
  • ・適応支援は有料となっています。

費用

通級料(月額) 教材費(月額)
5,000円 実費

お問い合わせ・入級

「ゆとりあ」についてのお問い合わせにつきましては、お気軽に臨床心理センターにお電話ください。
臨床心理センターでの相談面接を受けた上で、本教室での支援が適切と判断された場合に入級となります。臨床心理センターでの面接は有料・予約制になっています。

お願い

福岡大学臨床心理センター附設学校適応支援教室「ゆとりあ」は、福岡大学大学院人文科学研究科教育・臨床心理専攻の研究及び教育機関(実習機関)です。ご理解いただきますようお願いいたします。