メニューボタン

出願資格の「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者」とは、具体的にどのような場合を指すのですか。

博士課程前期の出願資格の中に書かれている、「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者」とは、おおむね以下の条件にあてはまる方が対象になります。

高等専門学校、短期大学の卒業者、高等看護学校、三年制以上の専修学校、各種学校の卒業者、外国大学日本分校、三年制以上の外国人学校の卒業者など大学卒業資格を有していない方で、22歳に達した方

上のような条件にあてはまる方は、必ず事前に大学院事務課までお問い合わせください。個別に審査させていただきます。これ以外の方でも受験可能な場合もあります。ただし、上のような条件を満たした方すべてに受験資格が認められるとは限りませんのでご注意ください。出願の前に事前審査手続きが必要になりますので、入学試験要項にて日程を確認の上、お早目にご準備ください。

例えば次のような方は、この規定によって本専攻を受験されると思われます。

博士課程前期では、社会人経験が3年以上あれば、社会人入試が受けられます。博士課程後期では、最終学歴終了後、社会人経験が3年以上あれば、社会人入試が受けられます。