メニューボタン

私は教育学には関心がありません。/私は臨床心理学には関心がありません。どちらも学ばないといけないのですか。

教育・臨床心理学科は、教育と臨床心理を統合した学科ですが、教育学を中心に学ぶことも、臨床心理学を中心に学ぶこともできます。どちらかの領域だけを集中的に学びたい場合は、他方の領域の科目を6単位(必修科目4単位、選択必修科目2単位)学べば、あとは教育学だけあるいは臨床心理学だけを集中して学ぶことはできます。しかし、この二つの領域を統合的に学べることが、この学科の大きな特色ですから、他方の領域も学んでいただくことをおすすめします。

教育を専門とする場合、学習心理学や発達心理学はどうしても必要となります。必修科目、選択必修科目でこれらの基礎を学ぶことになります。それ以外の科目を教育学関係にすることも可能です。大学院で教育学をさらに深めたいというような場合には、教育学中心の履修が可能です。

臨床心理を専門とする場合は、まず心理学の基礎を学ぶことになります。この中には学習心理学や発達心理学が含まれます。これらは教育と関連の深い科目です。教育学に関する科目として、必修科目と選択必修科目で教育の基礎を学びます。将来、臨床心理士として医療分野で活動する場合でも、教育に関する知識は非常に役に立ちます。現在でも医療分野の臨床心理士の多くが、学校現場にスクールカウンセラーや緊急支援のスタッフとして関わっています。

大学で教育学を学ぶ場合、どの大学も基本的には教育学と心理学の領域で構成されています。それは教育の実務の中では心理学的な理論、技術、技能が必要になるためです。従来の教育学系の学科では、教育学と教育心理学を統合したカリキュラムが組まれていることが普通でしたが、実務に役立つことよりも研究が重視されすぎていることもありました。

教育心理学の各領域(学習心理学、発達心理学、臨床心理学など)の知見を、社会の中で応用する場合、実際にはカウンセリング的技能が基礎になって、これらの知識が役立てられることになります。つまり、広い意味での臨床心理学は、心理学や教育心理学の中の一つの領域というよりも、各専門領域をうまく統合して役立てるための基礎でもあります。

カウンセリングや臨床心理学は、精神的な病気や悩みの深い人に対する援助というイメージがあるかもしれませんが、実際には健康な子どもや大人に対して関わることが非常に多いのです。健康で悩みのほとんどない人がカウンセリングを受けることで、自分の能力を最大限に引き出したり、自分の生きる方向性を考えたり、創造的な活動に役立てることができます。その意味では、人間形成、人材育成、成長に直接関わる技術とも言えます。どんなに知識を持っていても、人との人間関係を豊かにするための感覚と能力がなければ、活用はむずかしいでしょう。それを伝えるためのコミュニケーション技術、相手の気持ちを理解する技術、行動を変化させるための知識がなければ、実世界での応用は困難です。

一方、医学の領域で必要なのは、狭い意味での臨床心理学です。メンタルヘルスや精神疾患といった問題は、特別なもの、一般の人には縁の薄い問題と思われているかもしれませんが、実は非常に身近な問題です。学校や企業の中で頻繁に接する機会のある問題です。教育に関わるすべての人にも避けて通れないものなのです。このような場合には、広い意味での臨床心理学ではなく、専門的な知識が重要になります。このどちらも学ぶことができるのが、教育・臨床心理学科なのです。

教育学については、基本的な科目群とともに、キャリア発達、生涯学習など、従来の学校教育の枠を超えた教育活動も重視すると共に、教育の実務経験の豊富な教員を加えて、学校教育においても、実践的な教育活動が学べます。学内で小学生や中学生と接する機会もあり、現場を重視した教育を学べます。企業や組織の中での人材育成、企業内研修など人の成長に関わる幅広い分野で役立つ知識と能力が身につきます。