メニューボタン

公認心理師

公認心理師資格に関する情報をお伝えします。随時、情報を追加してまいります。

公認心理師とは

心理職初の国家資格として「公認心理師」が誕生します。公認心理師法が、2015年9月9日の参議院本会議にて、可決成立し、9月16日に公布されました。公布日から2年以内に施行されることとなっています。

名称独占の国家資格

公認心理師は名称独占の国家資格です。公認心理師法に基づいて公認心理師資格を保持している人でなければ、「公認心理師」と名乗ることはできません。法律上は、公認心理師資格がなくてもカウンセリングの業務を行うことは可能ですが、公認心理師が増えてくれば資格保持者が業務において重要な役割を持つようになると思われます。公認心理師という資格を国家資格として作るのは、一般の人から見て、カウンセラーなどが専門的な知識や技能を持っていることを判断しやすくすることが、一つの大きな理由であるからです。

公認心理師関連情報へのリンク(外部サイト)

公認心理師になるには

公認心理師資格を取得するには、国家試験に合格することが必要です。国家試験の受験資格を得るためには、大学の学部および大学院において所定の科目を修めなければなりません。

福岡大学人文学部教育・臨床心理学科および大学院人文科学研究科教育・臨床心理専攻は、公認心理師取得のために必要な科目やその他の環境を整えるための準備を進めています。必要な科目等は、文部科学省令および厚生労働省令で定められることとなっております。

現時点(2017年5月現在)では、公認心理師の資格取得に必要な科目等は決定しておりません。文部科学省および厚生労働省で検討されています。

現在、大学院で臨床心理学を学んでいる人は、移行措置が設けられることになっております。詳細については国が検討を行っております。基本的には、臨床心理士の受験資格が得られる形での科目取得を行っておれば、移行措置によって受験資格を得られる可能性が高いと推定されます。詳細が決定いたしましたらお知らせします。

受験資格を得るには、大学学部および大学院にて心理学を学ぶ必要があります。法律では学部卒でも一定の実務経験を経て受験資格が得られることが規定されておりますが、主要な公認心理師養成の制度は、学部と大学院で心理学を学ぶ形が想定されています。大学院に進学することが公認心理師資格を取得する早道になると思われます。