メニューボタン

Q & A

大学院に行かずに公認心理師資格を取得できますか?

法律上は大学院に行かなくても受験資格を得られる道がありますが、現実には大学院を修了することが公認心理師になるための近道と思われます。

業務経験によって受験資格が得られる場所は、限定されています。詳しくは、
厚生労働省のページをご覧ください。

受験資格を得るための認定施設(厚生労働省)

現時点では、これらの限られた施設等への就職が必要となります。このことから、大学の学部で心理学を学んで卒業しただけでは、公認心理師になるための受験資格を満たすことは困難であり、大学院でも心理学を学ぶことが公認心理師資格取得の近道になることがお分かりいただけると思います。

臨床心理士試験の受験資格は得られますか。

教育・臨床心理専攻博士課程前期の臨床心理分野は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の指定する第1種指定大学院です。

・臨床心理分野を修了し、所定の単位を取得すると臨床心理士の受験資格が得られます。

・臨床心理士試験の受験資格を得ることを希望する人は、出願時に臨床心理分野を選択しなければなりません。教育分野を修了しても受験資格は得られません。合格後や入学後に分野を変更することはできません。

教育分野に入学して臨床心理士の資格を得ることはできますか。

臨床心理士の受験資格を得るためには、博士課程前期の臨床心理分野を修了する必要があります。

教育分野の修了では、受験資格は得られません。入学試験合格後や入学後に臨床心理分野に変更することもできません。

博士課程後期から入学した場合には、教育実践学部門でも臨床心理部門でも受験資格は得られません。

入学試験の志願票の「志望専門科目(分野・部門)」欄はどのように書けばよいのでしょうか。

「志望専門科目(分野・部門)」欄は以下のとおり記入してください。

博士課程前期

 「教育分野」、「臨床心理分野」のいずれかを記入します。「担当者」欄は記入不要です。

博士課程後期

 「教育実践学」、「臨床心理学」のいずれかを記入します。「担当者」欄は記入不要です。

長期履修制度で注意すべき点はありますか。

長期履修制度(博士課程前期のみ)は、社会人などで標準修業年限(2年)での修了が時間的に困難な方のために設けられています。

・博士課程前期で3年をかけて科目を履修します。

・臨床心理分野では実習等を伴うため、カリキュラムは体系的に編成されています。多くの科目では、各学期で学んだ内容を基に次の学期の授業が設計されています。

・選択科目であっても順序性がありますので、科目を自由に選ぶことはできないことがあります。また、前提となる授業科目が履修できない場合には、そのあとに続く科目の履修が次の年度になる場合があります。

・履修にあたっては、指導教員と十分に話し合って科目を選択してください。

・時間割上の制約のため、次の年度では希望する科目が履修できない可能性があります。

私は教員です。臨床心理分野を受験したいのですが、専修免許は取得できるのでしょうか。

取得可能です。特に、現職の教員の方は、一種免許状取得後三年間の教職経験があれば専修免許状への上進制度が教育分野と同様に利用できます。

出願資格の「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者」とは、具体的にどのような場合を指すのですか。

博士課程前期の出願資格の中に書かれている、「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者」とは、おおむね以下の条件にあてはまる方が対象になります。

高等専門学校、短期大学の卒業者、高等看護学校、三年制以上の専修学校、各種学校の卒業者、外国大学日本分校、三年制以上の外国人学校の卒業者など大学卒業資格を有していない方で、22歳に達した方

上のような条件にあてはまる方は、必ず事前に大学院事務課までお問い合わせください。個別に審査させていただきます。これ以外の方でも受験可能な場合もあります。ただし、上のような条件を満たした方すべてに受験資格が認められるとは限りませんのでご注意ください。出願の前に事前審査手続きが必要になりますので、入学試験要項にて日程を確認の上、お早目にご準備ください。

例えば次のような方は、この規定によって本専攻を受験されると思われます。

博士課程前期では、社会人経験が3年以上あれば、社会人入試が受けられます。博士課程後期では、最終学歴終了後、社会人経験が3年以上あれば、社会人入試が受けられます。

私は会社員です。現在の仕事を続けながら、通学が可能でしょうか。

本専攻は、社会人に開かれた大学院です。社会人の方が仕事を持ったままで学ぶことができるように、配慮しています。しかし、教育や臨床心理とほとんど関係のない仕事に就かれている方が、フルタイムの仕事をしながら通学するのは極めて困難です。

フルタイムの仕事をしながら通学することが可能なのは、教育分野で言えば、現職の学校教員や看護学校の教員などでしょう。臨床心理分野では、児童相談所や各種のカウンセリング施設に勤務しておられる方、教員、看護師、福祉関係者などです。このような方は、現在の職場での経験が直接、大学院の研究に生かせます。職場で経験を積み、大学院で理論面を学ぶことで、両者の体験が統合されます。

フルタイムの仕事が、大学院での研究と全く関係のない場合は、夜の授業だけですべてを学ぶ形になりますので、不可能ではないにしてもかなりの努力が必要でしょう。職場の上司や同僚の理解も不可欠です。

臨床心理分野の実習については、夜間の授業のない時間帯だけではなく、土曜、日曜などにも行われることがあります。一部の授業は集中講義として、土曜、日曜にも実施されます。また、夏季休業などの授業のない期間でも実習などを行います。

パートタイムの仕事であれば、それほど困難ではないと思われます。私たちが想定している「社会人」は、教員、看護・福祉関係者、臨床心理関係者、地域での教育などに関わる方、電話相談などのボランティア活動に関わっている方、主婦や定年退職された方などです。