メニューボタン

公認心理師と臨床心理士の違いは何ですか?

公認心理師は、2015年9月に成立した公認心理師法に基づく国家資格です。まだ、この資格を持っている人はいません。最初の試験は2018年度に行われることになっています。
臨床心理士は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。国家資格ではありません。病院や学校などでカウンセリングを行っている心理学の専門家のうち、多くは臨床心理士の資格を持っています。もともと、心理学の学会等が集まって、心理の国家資格を作るために、まず民間資格として臨床心理士資格を作りました。民間資格といっても、心理学の学会が中心になって作ったものですので、公的な性格を持つ資格です。
公認心理師の業務と臨床心理士の業務はほぼ同じです。2018年度より、公認心理師の試験が始まりますが、臨床心理士の多くは、公認心理師の資格をめざすものと思われます。今後は、公認心理師と臨床心理士の二つの資格を持つ人、臨床心理士資格のみを持つ人、公認心理師資格のみを持つ人が存在することになります。
将来的には、医療現場では公認心理師資格を持つ人が中心になると予想されます。医療制度の中では国家資格保持者が業務を行うことによって診療報酬が得られる方向に進むと考えられるからです。教育、福祉、司法などの領域での心理職についても次第に公認心理師が増えてくると思われます。
臨床心理士資格が、今後社会的にどのような位置づけになるかはわかりませんが、一つの方向性としては公認心理師資格が基礎資格となって、その上にさらに進んだ専門性を持つものとして臨床心理士を位置づけることが考えられます。もう一つの方向性としては、臨床心理士が公認心理師との違いを前面に出すような制度の変更を行うことが考えれます。いずれにせよ、今後は公認心理師資格を持つことが優先されることになると思われます。